口内炎の治し方 原因を探る

スポンサードリンク

口内炎の治し方の前にまずなりにくい体質になりましょう。これが肝心です。

口内炎は痛い

痛くてしょうがない口内炎、怒りがこみ上げますね。何でこんなに痛いのでしょうか?

 

にくい口内炎から何とかしておさらばしたい・・・とにかくならない為の習慣や知識、なってしまったらいかに最小限の痛さで留めるかを学んで、最小限の被害に留める事が慣用です。

 

口内炎には内的要因、いわゆる内臓の機能低下によるもの、外的要因は唇を噛んだり、歯に詰まった食べ物を舌で掃除することで痛めてしまったためにできるものと大まかに2つあります。

 

噛んでしまって血が出てしまってはいずれ口内炎になりますが、早いうちに消毒や栄養を摂ることで最小限に食い止めることが出来ます。

 

ただし何をしても大きな口内炎になることもあるのである意味覚悟が必要かもしれません。

 

また口内炎は口臭がおきるものです。

 

口内炎が出来たときは人と話すのもおっくうですし、相手も口臭に気付いてしまうでしょう。口内炎と口臭についても当コンテンツではふれておきます

 

基本的な口内炎の治し方

 

できてしまった口内炎はありきたりですが、しみないものを食べる。野菜を多く取る。ビタミンBのサプリメントを摂る。口内炎用の市販薬を用いる、等でしょう。

 

個人的には純蜂蜜を舐めますし、患部には消毒薬を綿棒で塗布しています。いろいろ口内炎の治し方を勉強して、自身で実践しています。

 

そのほか細部にわたりいろいろ原因と対策を多角的に見ていきましょう。 年末は忘年会などで食生活も乱れがちです。 口内炎も出来やすくなるので注意してください。

 

なお、ケナログという薬がありますが、結構良いらしいです。
処方してもらわないと買えませんが。

 

また、口内炎は胃腸が弱っていたりすると出来やすいです。ビタミンの薬を飲んでも出来ちゃう場合もあります。

 

私自身、ビタミンサプリを飲んでも出来てしまう事も多いのですが、胃腸の負担を抑える酵素サプリメントで胃腸を休ませると早く治りますし、継続していると口内炎になりにくい感じです。
参考までに→口内炎もできやすく、疲れやすいを参照してください。

 

今のこの口内炎の痛みをなんとかしたいならこれでしょう。→口内炎パッチ

 

予防策にはこういった豆知識を→口内炎と歯磨き粉

 

口内炎の原因は

口内炎はストレスも原因

口内炎の原因はさまざまです。 肉体疲労で免疫機能が低下すると雑菌をブロックする粘膜機能が低下して口内炎になりやすいようです。

  • 偏食によるビタミン不足や鉄分の不足
  • 唾液不足、口の中の乾燥
  • ストレス・・・意外と多い
  • 不衛生・・・
  • 体質・・・口腔内の粘膜が薄い、アレルギーがあるなど
  • でもやっぱり、食べ過ぎじゃないのかな・・・

食べ過ぎると胃に負担がかかってやはり口内炎の原因となりうるのは当然

 

私の経験上偏食に気を使い、仕事もあまり忙しくなくゆったりと過ごすと全く口内炎ができない時が多い。

 

当然ご存知の事だろうけど、脂っこいものやスナック菓子を食べ過ぎると出来やすい。

 

やはり脂っこいものは胃に負担がかかりやすいため、粘膜が傷みやすくなり、その結果口内炎ができるというサイクルなのでしょう・・・

 

胃腸が強い人は口内炎ができにくい傾向とも言われております。

 

口内炎民間療法

 

古くから言い伝えられている口内炎を治す「民間療法で」面白い方法があります。これはおばあちゃんから聞いた話ですが、野菜でも何でもいいので黒焦げになるまで焼いて、その焦げたすすを口内炎患部に塗りつけると言う方法です。

 

これやりました。治ったと思いますか?

 

治るどころか炎症が増して患部が敏感になり、悪化してしまいました。こんなの2度とやりませんし、おすすめしません。

 

この人も写真付きで体験記事書いてました。

だいたい30分くらいすると、昆布は炭化してバリバリに崩れるようになる。昆布ははじめから黒いので見た目的にはあまり変わらないが、これで黒焼きの完成なのだ。
出典:口内炎が治らない

バットで叩かれた痛みで、悪化したそうです。写真がリアルで面白いです。昆布を焼いて黒くしたのをつかっているんですね。いろいろ説があるようで。

 

民間療法でのオススメははちみつなんでしょうね。これは自分もやっていますし、はちみつの殺菌作用が口内炎の殺菌に役立つということです。

 

わたしのオススメはササヘルススピルリナです。実際に劇的体験をしましたので、信用できる人なら是非どうぞ。

 

 

 


スポンサードリンク
更新履歴

inserted by FC2 system