子供の口内炎

スポンサードリンク

お子さんの口内炎、早く治してあげたいですね

子供の口内炎

まず子供にできてしまった口内炎、早く治してあげたいですね。
子供の場合は偏食傾向にあり、栄養の偏りも多々あります。

 

そうなると口内炎が出来る割合も高くなります。

 

さらによく口の中を噛んでしまうということも多いですね。

 

お子さんに口内炎ができてしまったらどうやって早く治すのでしょうか?まあ病院に行くほどでも無いのですが、(あまり頻繁ですと心配ですので病院で見てもらうほうが安心です)ありきたりは通用しないのが子供です。

 

野菜をいっぱい食べよとか、お菓子はダメとか、甘いジュースは飲ませないとかって出来ますか?もちろん幼稚園くらいの年齢になるとある程度聞き分けも出来てきますが、それ以下の駄々こねの幼児になるとそうはいきません・・・

 

なので、子供が好きそうな食べ物で、胃に優しい、栄養価の高い食べ物を食べさせましょう。やはりすりおろしたりんごがいいです。お子さんも大好きでしょうし、それなりに痛みに優しい感じです。その他にバナナもお子さんに人気で、ビタミンB2も入っていますのでオススメ。のりもビタミン豊富ですので、ちいさくちぎってご飯に入れてもお子さんが好きでしょうね。

 

お菓子や甘いジュースを控えさす方法とは?

 

お菓子ばかりですと口内炎ができやすいのはご存知でしょう。

 

甘い成分や脂分を摂りすぎると胃腸に負担がかかりやすく、しかも栄養が偏る傾向になります。
甘い菓子パンや、チョコレートはお子さんが大好きで、よく食べますが、極力食べさせない工夫としましては、

 

ご飯の前に少しだけ好きなお菓子類を与えるといいです。
その理由ですが、食事後の満腹状態にもかかわらず食後のデザートで甘いスイーツっていくらでも食べられますよね。

 

おいしいスイーツを食べてる時は脳内物質がたくさん出て幸せな気分になるんです。だから食べ過ぎちゃう。普段の食事を食べて、また食後のスイーツまで・・・それは胃に負担がかかりますし、栄養も偏ります。なので少量のお菓子をご飯前に食べて、もっと食べたいというところで食事を摂る。これならお菓子の量を減らせます。

 

食後の別腹的な甘いお菓子は食前に適量がオススメです。お子さんにもこのようにするといいでしょう。


子供の口内炎記事一覧

お子さんが口内炎がいつもできやすいということは、親御さんのどちらかも同じではないでしょうか?口内炎は遺伝します。もっと言うなら、同じ屋根の下で暮らしているので、その生活習慣も同じですし、環境すべてが親子で似てくるのです。なので外的要因でいうなら親が口内炎が良くできるならお子さんもそうなるし、両親そろって口内炎が全然できないならお子さんもそうなるんです。胃腸の強さの遺伝親が胃腸が強いとお子さんも大抵...


inserted by FC2 system