口内炎になりにくくする食事習慣とできたときの食事

スポンサードリンク

口内炎になりにくくする食事習慣とできたときの食事

口内炎と食事

出来にくくする食事は
口腔内を雑菌から守る粘膜の抵抗力を高めるビタミンA、ビタミンC(緑黄色野菜やレバー)をしっかり摂る。

 

また、疲労回復に役立つビタミンB群(納豆、豚肉)などを含む食品を食べる。

 

ミネラル(海藻類)なども必要です。ありきたりですが栄養のバランスよく偏食を無くすことが大事です。

 

口内炎が出来てしまった時の食事はどうしましょう

 

出来てしまって痛くて思うように食事が取れないときは・・・

 

これは痛い患部の粘膜を保護すると言われる牛乳系のものはいかがでしょう。
やわらかいし、しみません。摂り易いです。食べずにはいられませんからね。

 

特にコーンフレークをたっぷりの牛乳でよくよく浸してやわらかくして召し上がるといいですね。
コーンフレークは栄養価が高いです。シリアル食品ですね。

 

また、蜂蜜はいいですね。
これは昔からの知恵です。蜂蜜をじかに飲むと大変しみますので、お茶に入れたりして冷まして飲みましょう。 お茶は殺菌作用があるし、蜂蜜はビタミンが豊富です。手軽に飲めます。

 

きな粉を入れると満足感が得られます。

 

もっとボリュームがあるものは・・・ボリュームがあるものは基本的に口内炎がしみておいしく食べられないと思いますので、控えましょう。


スポンサードリンク

inserted by FC2 system