ケナログ

スポンサードリンク

ケナログとは

ケナログは口内炎が出来た時に病院で処方してもらえる薬です。

 

ドラックストアでも売っておりますが、病院で処方してもらったほうが安いです。

 

ケナログは無味無臭の口内炎塗布薬で、直接患部に作用する薬です。

 

ケナログの成分は

 

ストロイドが主成分です。ステロイドは患部の炎症を早くやわらげる作用があります。

 

ちなみにステロイドは、副腎皮質ホルモンの薬で、口内炎は塗って使うため、外用薬となります。

 

副腎皮質?!これは人体にある副腎にあるホルモンです。人の体にあるホルモンですね。 これを合成したものがステロイドということです。かなりざっくりと話しております。

 

ケナログには合成副腎皮質ホルモン薬と書いてありますね。

 

そのステロイドの効能は、
万能の効き目で、炎症を抑えたり、痛みを軽減させたりとかなり多岐にわたり活躍している成分です。

 

ステロイドは強弱があり、ケナログは弱の部類です。

 

一般にステロイド系の薬は、良く効くと思っていいでしょう。

 

このケナログは、粘膜塗布なので、流れおちやすいのですが、その欠点も研究しているそうです。

 

ちなみにこのケナログの副腎皮質ホルモンはトリアムシノロンアセトニドというそうです。

 

塗り方、使い方

 

ケナログは塗りやすいです。 また、無味無臭なので助かります。

 

ケナログの使い方
まず綿棒に適量付けます。

 

ケナログの使い方2
蓋をするようにうまく塗ります。

 

出来れば塗る前に乾かすようにしましょう。ティッシュで拭くと口内炎の幹部を傷付けて血が出てしまうことがあるので、注意しましょう。 

 

無理して拭かないほうが良いかもしれません。

 

ただ、どちらにしてもすぐ取れてしまいます。10分ぐらいしか残っていないでしょう。 それでいいんです。

 

決められた量を使って下さい。

 

ケナログの副作用

 

ケナログの副作用は、ステロイドなので、ゼロということはありません。

 

しかし、出る人、出ない人とあるため、あくまで用法、容量を守るべきでしょう。

 

但し書きには、
他に炎症が起きる、発疹、かゆみ、じん麻疹等の症状が現れたら、医師・薬剤師に相談とあるので、気になる人は控えられたらと思います。

 

しかし、私自身以前、ケナログを愛用していましたが、何にも副作用はありませんでした。 
気がつかないだけかも知れませんが・・・

 

妊娠中のかたはなるべく控えられたらと思います。
お腹の赤ちゃんに万一が起きないように気を配ってください。

 

仮に、病院の先生から処方を受けたなら大丈夫かと思いますが、
念のため。

スポンサードリンク

関連ページ

口内炎のパッチを上手に使って快適に
口内炎パッチ・・・使ってますか?痛い時の救世主ですよ
ササヘルス
ササヘルス?!なるほど、こういう理由で口内炎に良いのか!
ササヘルス実際の口コミです
ササヘルスの詳しいレビュー、私の真の口コミをお知らせします
チョコラBBプラスは口内炎に効くのか
チョコラBBで口内炎は治るの?なりにくくなるのかな?じっくりお伝えします。結論から言うと

inserted by FC2 system